すね毛を毛抜きで抜いていると、少しずつ毛質が細くなったり目立たなくなることがあります。毛根にある毛乳頭の組織に何らかのダメージが与えられたことが原因ですが、ムダ毛を薄くする要因には他にもあります。たとえば、女性ホルモンの分泌量が増えると体毛は薄くなります。すね毛も例外ではなく、太くて濃いムダ毛も細くて柔らかい状態に変わります。女性ホルモンは常に一定というわけではありませんので、体毛もそれに応じて変化すると考えるのが妥当です。
ホルモンの分泌量に関係なく、強制的にすね毛を薄くする方法もあります。それは、毛抜きでムダ毛を綺麗に取り除いた後に発毛抑制ローションをぬりこむことです。このようなローションは毛穴にムダ毛がない状態で使用した方が浸透率が高まりますので、効果もアップします。最も理想的な使用法は、お風呂上がりのきちんと脱毛されている肌に、しっかりとぬりこむことです。毛穴が開いている時に使用することで、奥深くまでしみ込ませることができます。
すね毛は太くて色素の濃い状態ではとても目立ちます。脱毛するだけでなく、少しでも本数を少なくしたり目立たなくするように、通常の脱毛法と発毛抑制ローションを組み合わせるべきです。

すね毛を薄くする方法:カミソリで剃る

女性の脱毛の悩みは尽きませんが、すね毛やわき毛など目立つ部分のムダ毛処理はこまめに行わないとすぐに目立ってきて大変気になるものです。
脱毛の方法は人それぞれ違い、エステサロンやクリニックに通って脱毛する人もいれば、自宅でカミソリや毛抜きを使ってムダ毛処理をする人がいます。
しかしカミソリなどですね毛を剃ると、肌への刺激が強すぎて剃ったあとが赤くただれたり、ヒリヒリしたりとお肌のトラブルの原因になりますし、すね毛が薄くなるどころか濃くなってしまう傾向にあります。
ではすね毛を薄くする方法とは一体どのようなものなのでしょうか。
やはりエステサロンやクリニックなどに通って脱毛をすれば、光脱毛やレーザー脱毛といった専門の機械を使用して処理を行いますので回数を重ねるごとに毛が薄くなって、最終ほとんど毛が生えてこないといった状態になります。
しかし、エステサロンなどに通うのに抵抗があるという方は、自宅でも行える除毛クリームや、低刺激の脱毛機器を使用してのムダ毛処理をおすすめします。
どちらの場合もエステサロンなどで行う脱毛よりかは効果は落ちますが、確実にムダ毛は薄くなっていきますし、費用も抑えられますので試してみるとよいでしょう。

すね毛を薄くする方法:サロン脱毛

ムダ毛は女性にとって、おしゃれを楽しむ上での大敵です。特にすね毛は目立つので毛深い人は悩むことでしょう。そんなすね毛を薄くする方法として、サロンでの脱毛が挙げられます。
自分でカミソリやシェーバーを使って処理するとお肌を傷つけてしまう可能性がありますが、サロンでの施術なら安心かつ安全な上、ムダ毛を薄くするだけでなく美肌効果も得られて一石二鳥です。
ただし、脱毛効果を実感できるようになるまでには何度かサロンに通う必要があります。個人差はありますが、だいたい4回から6回程度通えば多くの人が効果を実感し始めることができるでしょう。12回程度通うとかなり毛が薄くなり16回程度通えば非常に自己処理が楽になることが一般的です。20回程度通うとほとんど自己処理のいらないお肌になるでしょう。
きれいなお肌は一生ものの財産となります。どうせなら早くから脱毛に取り組むのが良いでしょう。自己処理が必要なくなることでお肌にとって優しいだけでなく、急な海や温泉へのお誘いにも慌てることなく対応できるようになります。すね毛が気にならなくなれば、ひざ丈のスカートやショートパンツなど様々なバリエーションの洋服を着ることができるので、とてもおしゃれを楽しむことができるようになるでしょう。全身脱毛札幌おすすめ